プログラムダウンロード

プログラムは以下よりダウンロードできます。


1月20日(金曜日) 午前

■教育セッション1

「心臓CT 最先端の検査法を診療に活かす」

1. ダイナミック心筋血流CTと遅延造影CT

・なぜ今CTか。

後藤 義崇 (三重大学)

・撮影技術のポイント

北川 覚也 (三重大学)

2. ビデオライブ: 三重大学での2管球CTによる包括的心臓CT

永澤 直樹 (三重大学)

3. 包括的心臓CTの読影の実際

・イメージポストプロセッシング

北川 覚也 (三重大学)

・ケースレビュー

中村 哲士 (三重大学), 山田 顕正 (三重大学)

座長:北川 覚也(三重大学)

共催:シーメンスヘルスケア株式会社

         エーザイ株式会社

■ランチョンセミナー1

CTによる冠動脈プラーク評価

元山 貞子 (藤田保健衛生大学)

座長:吉岡 邦浩(岩手医科大学)

共催:バイエル薬品株式会社

■ランチョンセミナー2

1. 循環器診療におけるfast kV switching dual energy CTの有用性

太田 靖利 (鳥取大学)

2. 臨床に活かすCMR -確実なルーチン検査への工夫と新しいステージへの入り口

奥田 茂男 (慶應義塾大学)

座長:陣崎 雅弘 (慶応義塾大学)

共催:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

1月20日(金曜日) 午後

■教育セッション2

「心臓MRI 基礎と実践 - 新しい定量評価を診療に活かす」

1. 心不全の病態をCMRで診る

國本 聡 (川口市立医療センター)

2. 心サルコイドーシスを心臓MRIで診る―定性から定量評価へ― 

渡邉 絵里 (東京女子医科大学)

3. 心アミロイドーシスをCMRで診る - T1mappingを中心に

尾田 済太郎 (熊本大学)

4. ビデオライブ

後藤 義崇 (三重大学)

5. 定量的CMRの新しい流れ@ 心筋perfusion MRI定量評価を診療に活かす

石田 正樹 (三重大学)

6. 定量的CMRの新しい流れA 4D-flowを診療に活かす

長尾 充展 (東京女子医科大学)

座長:望月 輝一 (愛媛大学)
共済:株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
         富士製薬工業株式会社

■シンポジウム1

「CKD患者の虚血をいかに評価するか?」

1. CKD患者における心臓核医学の有用性

松本 直也 (日本大学)

2. CKD患者に心臓MRIをどう役立てるか?

寺岡 邦彦 (榊原記念クリニック)

3. CKD患者に心臓CTをどう役立てるか?

栗田 泰郎 (三重大学)

4. IVUS・OCTを活用する

羽原 真人 (豊橋ハートセンター)

5. 慢性腎機能患者におけるFFR・iFR評価の問題点

松尾 仁司 (岐阜ハートセンター)

座長:赤阪 隆史(和歌山県立医大)

         尾崎 行男(藤田保健衛生大)

■教育セッション3

半導体検出器ガンマカメラによる心筋血流予備能比検査

松本 直也 (日本大学)

座長:松尾 仁司 (岐阜ハートセンター)

共催:日本バイオセンサーズ株式会社

■教育セッション4

「What do you expect from FFR-CT in daily practice?」

1. SPECT userの立場からみたFFRCTに対する期待値

依田 俊一(日本大学医学部附属板橋病院)

2. FFR user から見たFFRCTの期待値

高島 浩明(愛知医科大学病院)

共催:ハートフロー・ジャパン合同会社

■ワークショップ

「Case discussion: IVUS, OCTを中心とした画像診断のTips&Tricks 2017」

演者1:新家 俊郎 (神戸大学)

演者2:管家 鉄平 (華岡青洲記念 心臓血管クリニック)

演者3:寺島 充康 (豊橋ハートセンター)

座長:鈴木 孝彦 (豊橋ハートセンター)

■イブニングセミナー

『Ejection Fraction』の功罪 〜探検するClinical Physiology〜

大西 勝也 (大西内科ハートクリニック)

座長:伊藤 正明(三重大学)

共催:第一三共株式会社

1月21日(土曜日) 午前

評議員会

総会

■招請講演1

Cardiac MRI to Develop Risk Prediction Modelling in Patients with Cardiomyopathy: Simple to Advanced Techniques

James White (University of Calgary)

座長:佐久間 肇 (三重大学)

共催:シーメンスヘルスケア株式会社

■招請講演2

医療経済の視点から欧米と日本の心臓CT・MRIを考える

隈丸 加奈子(順天堂大学)

座長:陣崎 雅弘 (慶応義塾大学)

■セミナー

「心臓CTライブ:循環器専門クリニックが行う心臓CT診断」

-GENESISによるScanから、Subtraction, FFR-CT解析まで-

座長:華岡 慶一 (華岡青洲記念心臓血管クリニック)

共催:東芝メディカルシステムズ株式会社

■ランチョンセミナー3

血管内イメージングからみた冠動脈疾患における脂質管理の意義 〜プラルエントへの期待〜

廣 高史 (日本大学)

座長:尾崎 行男 (藤田保健衛生大学)

共催:サノフィ株式会社

■ランチョンセミナー4

抗血栓療法 -Double-edged sword-

平山 篤志 (日本大学)

座長:山岸 正和 (金沢大学)

共催:ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

         ファイザー株式会社

1月21日(土曜日) 午後

■日本心血管画像動態学会/日本心臓血管放射線研究会  合同シンポジウム

「左室拡張不全と心筋性状:心エコー、CT、MRIでどこまで迫れるか?」

1. なぜ左室拡張能評価が重要か?

坂田 泰史 (大阪大学)

2. 放射線科医にも分かる! コンダクタンスカテーテルによる拡張能評価

土肥 薫 (三重大学)

3. 心エコーによる拡張能評価と心筋性状評価

田中 秀和 (神戸大学)

4. 心臓MRIは拡張不全評価に有用か? 心筋性状との関連性を含めて。

石田 正樹 (三重大学)

5. 心臓CTは拡張不全評価に有用か?

城戸 輝仁 (愛媛大学)

座長:山科 章 (東京医科大学)

         望月 輝一 (愛媛大学)

■Young Investigator Award (YIA)セッション

■シンポジウム2

「大動脈疾患の診断up-to-date 2017」

1. 大動脈ステントグラフト治療と今後画像診断に求めるもの

加藤 憲幸 (三重大学)

2. 大動脈解離・大動脈瘤の発生メカニズム

吉村 耕一 (山口県立大学)

3. 大動脈疾患の内科診療up-to-date: 画像診断の活用を含めて

吉野 秀朗 (杏林大学)

4. EVAR後のエンドリーク診断における4D-CTの有用性

井上 政則 (慶応大学)

座長:加藤 憲幸 (三重大学)

         吉野 秀朗 (杏林大学)

MENU

運営事務局

三重大学医学部放射線医学講座

〒514-8507
三重県津市江戸橋2-174
TEL:059-231-5029
jscvid27@clin.medic.mie-u.ac.jp